上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はDearフランキーを見てきましたーvv
オペラ座の怪人のファントム役、ジェラルド・バトラーが主演。
…らしいのですが、そんなに出番がなかったけど。(笑 え?あれで主演??いいの???
まぁ有名な人ほかに出ていないので、とりあえずってことでしょうが。

あらすじはコチラ↓

DVが原因で離婚したシングルマザーのリジー(エミリー・モーティマー)は、耳に障害を持つ息子フランキー(ジャック・マケルホーン)と二人暮しをしている。
リジーは息子に「父親は船乗りで世界中をずっと旅している」と嘘をつき文通を繰り返していた。
しかし、父親が乗っているはずの船が偶然寄航することになってしまう。
無邪気に父親と会えるのを喜ぶフランキーに、本当の事を云えないリジーは、悩んだ挙げ句”一日だけのパパ”を探す決意をする。
そして”彼”は、フランキーとリジーたちの前に現れる……。


泣くかなーと思っていたんですが泣きませんでしたぁ。
感動することはするけど、そこまでズカーンとこなかったッスねぇ。じんわり感動~って感じ。
フランキー役の少年がかわいらしかったです♪どことなく不健康そうだった。(笑←痩せていた
お母さん役の方もとってもキレイでねー。
若いのかな??キレイだしかわいいしって感じでした。服装がおしゃれで素敵だった(^^)母親とは思えない~。(笑
※調べてみたら、エミリー・モーティマーという女優さんでそこそこ有名な方らしいです!
しかもユアンと「猟人日記」で共演してるとか。ぎゃぁ!早く見ないと!(DVD持ってる ユユユユユユアンとの絡み・・・!!


えーっと。
ストーリーは、結局フランキーのが母親より1枚上手で、全部知ってたうえでの演技だったわけですが。
途中でそーいった伏線全く出てこないので展開強引だなぁと思わなくもないけど(バレたらどうしようってすっごくソワソワしてたのに!笑)、けなげでいいよねぇ。母親思い!もう何でも許せるよ。(笑

フランキーよりお母さんのが子供っぽくて、見ててイライラもしました。複雑な女心はわからんー。(笑
まぁ総評としてはなかなかよかったですけど。
下手したらコメディーになりそうな話だけど(これでジェラルド・バトラーとくっついちゃってたらコメディーだったなぁ笑)、うまいことギリギリで持ちこたえてるとゆーか。
すっごいハッピーエンド!ってわけじゃないけど、じんわり感動できる作品でしたー(^^)

うーん。ファントムのときはなんとも思わなかったけれども、ジェラルド・バトラーってカッコいいかも!ってこれ見て思った。(笑
ちょっとワイルド風味で・・・いいなぁ。
みんなが騒ぐ理由が分かった気がしますvv


あぁ!言い忘れてましたが、この映画の1番のいいところは音楽です!
使われてる曲がどれも素敵なんですよ~!!
サントラ欲しくなります。普通に欲しい!
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。