上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリポタ

見てきましたよハリポタ!
朝一で見たんですが土曜日ってこともあってなかなか混んでいましたね~。

あらすじ↓

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は親友のロン(ルパート・グリント)やハーマイオニー(エマ・ワトソン)とクィディッチ・ワールドカップを観に行くことになった。
盛大なイベントを楽しむハリーたちだったが、クィディッチ競技場に"死食い人"が現れ大騒ぎとなってしまう。そしてそこに上空に不吉なサインが浮かびあがっていた。邪悪なヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の復活を告げる"闇の印"が・・・。
そんな中、ホグワーツでの新学期が始まりダンブルドアは、「三大魔法学校対抗試合」を行うことを宣言する。
"17歳以下は立候補できない"―危険な試合ゆえそう決められていたはずにも関わらず、ゴブレットは立候補した覚えのないハリーを4人目の代表として指名したのだった・・・。

170分があっという間でございました!
当初は長いなー耐えられるかなーと思っていたんですけども、面白くって全然長いと感じさせませんでしたねぇ(^^)
いっやー!ホント面白かった!!!!
「アズカバンの囚人」が自分的にダメだったので(主役3人が大きくなっちゃってカワイさが半減しちゃっていた&性格が変わっててショックだった)だいじょぶかしらんってな感じでしたが、もう全然!面白かったーーー!
出演者にカワイさは全くありませんでしたがね!仕方ないけどね!人は成長するもんなんだよ・・・。
話的には1番面白かったかもしれません~。早くもDVD買おうと決心したし。(笑

予想通りクラムがカッコよくってもぅたまんねぇ!!(言い方が下品
なんなのあのゴリラっぽさはー!筋肉馬鹿(肉体派byハーマイオニー笑)ってのがますますいいですよねー。(笑
セドリックはね・・・いいんだけど・・・いいんだけど・・・若干顔が気持ち悪いね。(こら)でもまさか死んじゃうとは思ってなかったから大ショックでしたよ。かわいそうだ・・・!
かわいそうといえばシリウスことゲイリーが顔(しかも炎?笑)のみの出演だったのもショックでした。(笑 扱いがひでぇぇ~。


私は原作1度も読んだことがなくて分からないのですけど、読んでいた友人は「原作のおいしいところをダイジェストで流している感じ」とこの映画を評していまして、実際自分も見てみて、あぁうまいこと言うなーと思いました。
確かにダイジェストな感じはする。展開がものすご早く進むし、映画だけじゃ理解できないこともたくさんあるし。

例えば、ゴブレットにハリーの名前を入れたのは誰なんだってゆー。
マッドアイになりすましたクラウチJrなのかゴブレットにこっそり近づいてたカルカロフ校長なのかとか全然わからん。
カルカロフ校長、すっごい地味な扱いだったけど(笑)あやしいところたくさんありましたよね?スネイプ先生に詰め寄ったりとか腕の刺青とか。
てゆーか、そのスネイプ先生に詰め寄るシーンね。スネイプ先生の口調おかしくないッスか?わわわわわ我が輩って・・・!い、今までもそう呼んでましたっけ??(笑

あと、マッドアイ。
結局クラウチJrが化けていたってことだけど(随所にそれに気付く要素がたくさんあったのに見てるときは全く気付かなかった!自分アホです!笑)、楽しそうに授業する場面あるじゃないですかぁ。教えちゃいけない術を教えるってやつ。
そこもすでにJrだったんですかね?つーか、最初ホグワーツに来た時点ですりかわってたん??ポリジュース薬飲んでたしそうなのかな・・・。
授業の場面とかネビルに関わってるときとか、面白い先生だなーいい先生だなーと思ったのでそれもJrの演技だったとしたら悲しいです。(笑


とにかく、ハリポタは全シリーズ見てきてますけども初めて原作読んでみたーいと思いました。
興味が無かったわけではないんですが、映画でいいやって思っていて。でも今回は分からない部分埋めたいしなによりすっごい面白かったから読んでみたいですv
映画化されなかった部分も気になる~~~!
あれぐらいの分厚さなら1週間ぐらいで読めそうですし、ぜひとも読んでみようと思ってます(^^)


あ、あと。
ルシウスが悪役って分かったけどさ。それってマルフォイも敵になっちゃうってことかな?
マルフォイはただの嫌味野郎ぐらいがいいと思うんだけど~。敵になっちゃたらいやん~。

なんか・・・わっかんないトコだらけですね思い返してみれば。
それなのになんでこんな面白いと感じてるんだろう・・・?謎です。(笑
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。