上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インザプール

えーっと、他の映画感想も溜まってるし記憶も薄れてきてるので手短に。(笑

あらすじ↓

中堅メーカーに勤務する営業マン・田口(オダギリジョー)は、ある日突然『継続性勃起症』になってしまう。
一方、ルポライターの岩村(市川実和子)は家のガスの元栓を閉めたかということから始まり、確認行為の慣習化による『強迫神経症』になる。
そして田口と岩村は伊良部総合病院の精神科に通うはめになり…。

三木さんの映画は初体験でしたが、いっや~面白いですね!
こういう小ネタ勝負なのって好きです(^^)
堤監督とかクドカンとか最近人気の監督さんってみんな"ネタに生きる!"って感じですよね~。
私は好きだからいいけど、ツボにはまらない人はつまんないんじゃないかな?とも思ったり…。
それにこれはちょっと時間も長いので途中少し飽きちゃうかも。

この映画はなんといっても松尾スズキの面白さが売りでございます!
たちっぱなしなオダジョーやら「ガビーン」が口癖で若干演技が微妙(ヒドイ)な市川美日子やらも味があっていいんですけどねぇ~、でもやっぱり松尾に持っていかれてるわ。
勝てないよあのおっさんにはさ。(笑
いちいち言うことがおもろいし、言い方もおもろいし、動きもおもろいし。
オダジョーの元奥さんに暴言吐くシーン最高ですよ。なんだあの揺れ方!(笑
謎の離婚相手と戦ってたりと、ホント面白かったです松尾(^^)


うーむ??
これって脚本が面白いんだなぁと思ってましたが、原作は小説だそうで。
ってことは、原作が面白いんだよなぁー。
ってことは、三木さんが面白いわけではないのかもなぁー。(笑
原作のほうもぜひ読んでみようと思いまっすw
映画の最後は飛び込むシーンで終わったけど、きっと小説だとタナーベの話もやってるらしいので。
気になるもん!
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。