上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
16歳の合衆国

けっこう評判いいようですが、私はこの映画好きじゃありません。

あらすじ↓
理知的な16歳の少年リーランド(ライアン・ゴズリング)は、ある日突然恋人ベッキー(ジェナ・マローン)の弟ライアンを刺し殺す。
逮捕されたリーランドは矯正施設に入れられるが、殺人の理由について何も語ろうとしない。
作家志望でもある教官パール(ドン・チードル)は、彼の心を解き明かすことが本の題材になるのではと考えリーランドのカウンセリングを始める。
一体彼はどうして恋人の弟を殺したのだろうか―。


イライラするんですよ。
映画としての評価は高くてもそれなりに面白いとしても、私は好きになれません。
いやはや、実際面白いんですよ~(><)
リーランドがどうして殺人を犯したのか気になっちゃって気になっちゃって(だいぶ引っ張るしさぁ笑)、随分惹き込まれましたもの。
でも、と思うのです。
いろいろな要素がイチイチ弱すぎるように感じるんです私は。

「悲しみを多く感じてしまった」…はぁ!?

「知的障害が可哀相に思った」…はぁ!?

お前何言ってんじゃボケぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!(激高)
おいおいおいおい!
理由としておかしいでしょうよこれは。勝手過ぎるでしょうよこれは。
繊細な少年だとでも言いたいのでしょうが、こんなん繊細じゃなくって自分の勝手な考えに基づいた馬鹿野朗でしかねーじゃん。同情の余地ねぇぇーー!
もっと普通に恋人との恨みでやっちゃったってほうが自然だったと思います。
途中そのあたりの話たくさんしてたし。
それかやっぱり父親絡みでどうのこうの~にすればよかったのに。
これじゃぁケヴィンスペイシーがでてきた理由がかわからないじゃないですか。(笑
ホント疑問です。
わざわざケヴィンスペイシーが父親役やる必要あったんですか…??
えぇ~~~…おっさん的にいろいろ理解不能ですわ。
まだアレンみたいに殺人に向かっていくほうが分かりやすいよ。まぁ馬鹿だがな。
思考回路が単純すぎるぜアレンたーん!(笑

これはホントでてくる人たちが勝手な奴らばかりで、ヒロインも勝手出しその姉も勝手だし。
なんか女に振り回されてる男どもって感じか!?(笑
とか言いつつ、ヒロインたちの気持ちもわかりますけどねぃ。
昔の悪い男のところで涙するヒロインにはちょっとジーンときてしまった。(笑
ジェナマローンかわいいなぁ!ちょっとパンク少女な感じでキュートやったw
その点、ミシェルウィリアムズが微妙すぎましたね。ぶ、不細工…?(禁句)


うーむむ(><)
なんだろう~。私的には不快感が多かった映画っしたね!
誰一人として感情移入できるキャラがいなかったというか誰にも同情できなかったというか。
しゃらくせぇこと言ってんじゃねーよ子供が、ってな感じです。
スポンサーサイト
あらすじ↓
裕福でハンサムな主人公セサム(エドゥアルド・ノリエガ)。
ある日元恋人の無理心中に巻き込まれてしまうが、一命は取り留める。
しかし顔が醜く変貌。恋人ソフィア(ペネロペ・クルス)にもふられてしまう。
だがある日目が覚めてみると全ては一変していて―。


私とこの作品の出会いは今から5年ぐらい前で、偶然出掛けていた先のケーブルテレビで見たのが最初です。
見たといっても最後の30分くらいだったので話にはまったくついていけませんでしたが(笑)、そこだけみても面白くってゼヒ全部見てみたい!と思ったのでした。
しっかし映画のタイトルが分からず探すに探せない状況…。
そこで私は映画に詳しい友人に「こんな話なんだよ!」とあらすじを話して(しかも最後のほうしか見てないからすっごい薄い説明だった今思えば笑)、ようやく判明したわけです。
いや~その子よく分かったよなぁ。
きっと、当時これのリメイクである「バニラ・スカイ」が有名になったからでしょうが。
トムクルーズ嫌いだけどある意味感謝しないと。(笑


で、そんなわけでようやく全部見ることが出来ましてw
まぁ~最後のほう見てたとは言えやっぱり面白かったです(^^)
当然最後分からないで見たほうがもっともっと面白かったとは思いますけど!
大事な部分知っちゃてたわけだもんな。(笑
どこがどう夢と現実の境目なのか、もぅ目が離せない感じでしたね。
さっきも言ったけど結末知っててこれだけ分からなかったってことは、普通に見た人はもっと惹きこまれただろうなぁ~。

主人公が勝手すぎて好きになれないんですが(カッコいいとも思えない…笑)、ヒロインさんのペネロペはすごいキュートでかわいかったです♪
でも顔が変わった途端のあの態度はひでぇよ。ヒロインとしては微妙だよ。(笑
チョイ役だけど、「バッドエデュケーション」以来ハマり気味なフィルマルティネスも出演してて私としては嬉しかったです(^^)
相変わらずおかしな髪形だし!(笑
まぁあんまいい奴じゃなかったがな…。
つかこの映画出てくるやつ皆嫌な野郎ばっかじゃん!(笑
精神科のおっちゃんぐらいだよいい人…でも最後かわいそすぎだし…。


リメイク版の「バニラ・スカイ」も見てみたいんですけどもねー(><)
キャメロンクロウ監督だしオリジナルとの違いとか気になるし。
ペネロペはこれと同じ役だったのかな??
問題は私がトムクルーズが大嫌いということですね。(笑
トムクルーズなんて見たくもない!
今日は念願の「プロデューサーズ」見て参りました(^^)
超楽しい!ので、見てない人は今すぐ劇場に見に行って下さいませ!!

感想は後日ということで、ぴよさんからのバトン答えさせていただきます~w
「お題バトン」。
"バトンを持っている人が次の人のお題を決められる"というものらしく、おっさんは『洋楽』というテーマを頂きました~。
それではいきまーす!

【お題バトン】
問1:PCもしくは本棚に入っている『洋楽』
おっさんはiPod使用なので、PCに曲けっこう入っております(^^)
重くなるから入れないほうが実際はいいですよねぇ。
洋楽だと…200曲ぐらいか、な。調べるのがめんどくさいのでアバウト。(笑
もっともっと増えるといいなぁ♪

問2:今妄想している『洋楽』
も、妄想…!?
難しいですなー。洋楽で妄想ってナンだ。(笑
今はサマソニに参戦してる自分をよく妄想しています。
てゆーかサマソニでGREEN DAYとかシマウマ頭とかSimple Planとか、まとめて見れちゃったりして~などと、ありえない夢を抱いておりますね。
まぁ目下の妄想はシマウマ頭関連が多いですが今は。
アリとかアリとかアリとか!(しつこい)

問3:最初に出会った『洋楽』
これも難しい質問ですねぇ~。
洋楽というか「英詞の曲」との出会いでいいッスかね!?
実は私は以前洋楽って嫌いだったのですよー。
日本人なのになんでわざわざ英語の曲を聴かねばならんのかと。日本人なら日本語だろうがと思っていて。
そもそも英語によい印象を持っていなかったというか。
英語の歌詞って日本語の歌詞より内容が薄いって感じていたわけで、そんな薄っぺらいもん好きになるはずないでしょ的な。
今も英詞は日本詞より薄いという考えはあまり変わっていないですが(笑)、ビークルの影響で英詞も悪くないなぁと思えたんですね。
つまり英詞曲との出会いはビークルなのです☆
日本人が作ってる英詞なので、いちいち日本人っぽさがあるのがいい(^^)
ビークル好きになってから英詞に抵抗がなくなってきて、今はもう大好きですよぉ!
英詞だと耳障りがいいっちゅーかメロディ重視で楽しめるというか。
単純に聴ける~って感じでハマってます。
純粋に「洋楽」に興味を持ったのは…Simple Planが最初だと思われます。
コレは映画の影響が大きいですが。

問4:特別な思い入れがある『洋楽』
思い入れ、かぁ…。
好きになったやつはどれも思い入れがあるから好きになるわけで、特に特別っていうのはない気がします。
洋楽じゃないけど、きっかけという部分でビークルは特別かもしれませんけど。
あとはGREEN DAYでしょうか。王道だがな!(笑
前代未聞のハマりようだったので。あはは。

問5:あなたにとって『洋楽』とは?
マイブームです★
ブームということはいつか衰えがくるかもしれないってことですねふふん。(笑
洋楽はなんだろ…生活のBGMって感じですか。
常に爆音で聴いてるので(迷惑行為)入り込んでしまうことが多いッス。(笑

問6:バトンを回したい人とその『お題』
えーっと

・ogyaさん→「F1」(笑
・カオリさん→「ゲーム」
・muzu-23さん→「映画」
・ろうこさん→「ヲタク」
・コカちゃん→「ユアン」

お時間がありましたらゼヒやってみてくだっさいまし~~(^^)

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。