上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらすじ↓

天才指揮者のダニエル・ダレウスは心身共に疲れ果て現役を退いた挙げ句、田舎の小さな村に移り住む。
そこはかつて少年時代を過ごした場所だった。
静かな余生を送るつもりが、是非にと請われて村の聖歌隊を指導をすることに。
眩しいほどの生命力に溢れたレナや、夫の暴力に耐えながらも美しい歌声を聞かせるガブリエルらメンバーたちを知るに連れて、ダニエルは改めて自分のつくりたい音楽を目指すようになる。

スウェーデンの映画だそうで。私ってば初めてスウェーデンの映画を見ました。
というかスウェーデンがどこにあるのかも分かりません。無知です。

とにかく、なかなか評判がよろしいらしい作品。
ですが私はとてもじゃないけど好きになれないしいい映画だとが思えない。
全然面白いと感じなかったですね。私はね。

とりあえず主人公がすごいダメ男だと思うんですけど。(笑
まぁーでも憎めない感じでしたが。
可愛らしいおっさんでさ。チャリの練習したりしてさ。
芸術家は変わってるなぁとつくづく思いました。

でもねぇ。
やはしおっさんは結末がどうにも好きになれなくてダメですわー。
受け付けないの(><)
主人公のおっちゃんにはちゃんと指揮をとって、その場で皆がひとつになる瞬間を味わってほしかったなぁって思うのです。
だって…声出しで心がひとつ!っておかしいよ突然じゃん。(笑
その時のために頑張ってきたのに…結局おっちゃんが手に入れたものってなんなんだろう?と思ってしまうのよね。
おっちゃんが住民に与えたものも結局は何だったのかってさー。

うむむ…!
ダメです。どうあがいても好きになれそうにありませんこの映画。(笑
スポンサーサイト
あらすじ↓

12世紀に建造された修道院でキリスト像が血を流す事件が起こり、ニーマンス(ジャン・レノ)が探ると壁に埋め込まれた死体が発見される。
そのころ、麻薬絡みの犯罪を捜査する若き刑事レダ(ブノワ・マジメル)は、キリストに似た男と遭遇。
ふたつの事件に接点が見えたとき、さらなる殺人が起こる―。

1をみていないのになぜか見てしまいました。(笑
いやーブノワマジメルがカッコいいですねぇ!!やばい!素敵!
フランス人なのにワイルド。でもフランス人だから気品もちゃんとあって~。
終始おっさんニヤニヤしてました。(変態)
じゃんれのが出てきてからは役立たずになっちゃうのが悲しいけど(笑)、冒頭の薬中男と戦うシーンはすっごくすっごくカッコよかったですよね!!!!
レディとの会話もハァハァもんだし。(笑
それなのにやっぱりおいしいところはジャンレノに持っていかれてて残念…。

私的にはなかなか面白かった映画ですが、だんだん失速していく感じは否めなかったです。
黒い奴を追いかける辺りはすごく面白いのにその正体を追っていくのもけっこう面白いのに、その正体が結局あんなんかと思うと微妙で。
スキーのやつかよ!みたいな。
もう少し結末や黒幕が違ったらもっと面白かったのになぁと思います。
途中までいいだけにもったいなー!

でもやっぱりフランス語ってカッコよろしいですねw
まだーむじゅてーむみたいなモゴモゴぢた響きが。(分かりづらい)
英語だと安っぽく思えるストーリーもフランス語だからこそ乗り切れたんじゃないかなーと。
おふれんちだとちょっと高尚な感じがするから。(笑
もんのすごく映画の感想がたまってしまっていて収拾がつかないので、これからは今までのより短くてショボい感想にいたします(><)
おおおおおお許しくださいませ~!(汗

それではRENTの感想をば。

あらすじ↓

ニューヨークのイースト・ヴィレッジ。
人気バンドで活躍していたロジャー(アダム・パスカル)は、恋人がエイズを苦に自殺して以来作曲ができなくなっていた。
ルームメイトのマーク(アンソニー・ラップ)はドキュメンタリー作家を目指している。
そこへやってきたのはかつてふたりと共に暮らしていたベニー。
金持ちの娘と結婚したベニーは、この付近の土地の所有者となり彼らに立ち退きを迫るようになっていた。
同じ頃、ロジャーは階下に住むミミ(ロザリオ・ドーソン)と出会い心惹かれていくが…。

これは公開前からかなりの勢いで見たかった映画でして。
期待通りとても素晴らしい作品でございました(^^)
見事期待を裏切らずー!(笑
絶対DVD買うし出来たらもう1度劇場に見に行きたい!!ぐらい好きになってしまいまして、サントラは買ったし実は冬にやる舞台を見に行くことになっておりますw
ゲヘへ大好きすぎ!
いやでもマジでね。ホントこれ見てない人は人生損してますよ。
大げさじゃなくってね。

ミュージカルと言うと歌って踊るってイメージで華やかですが、これは歌が中心でストーリー重視のなかなか重たいミュージカル。
エイズが絡んでたりするしねぇ。
ただ底抜けに明るい夢見るだけの物語じゃなくってさ、暗い現実の中でも希望を捨てない若者達のお話ってのが感動させるのよー(><)
実は途中まではそんなに泣かせないじゃないかと思っていたけど、エンジェルが死んでからは怒涛の感動で大号泣でね~。
やられたって感じ。(笑

そして、何より使われてる歌が素敵なのばかり!
どれもいいけど、やっぱり「Seasons of Love」がすごく頭に残っています。
なんて素敵な歌なんだ…!
次また見たら冒頭のシーンだけで泣ける自信があるッス!(笑

さてさて。
52万5600分。
私の1年を測る基準は何なんでしょうか?
歌の通りになったら素敵だなぁ~。なんてね。
忘れていたようで覚えていたんですが(どっちだ)、1ヶ月たったことですしいい加減シマウマさんのライブの感想でも書かねばと思いまして。
いやーもうほとんど忘れているけどね。(笑
ので、なんとなくおぼろげな感想いっきまーす☆

仕事終わって、夕方からNさんと合流しスタジオコーストへ。
ZHライブ
これは夜だけどね。

初めて行った…というより新木場に降り立ったのが初めてという。(笑
あんなに何もないとは思いもよらなかったなー。人住んでるのかね?(失礼)
本当に何もなくて、開くまで会場の外で座って待機しておりました。
というか、サマソニ&AAR・FOBライブによって体力を相当消耗していたおっさんは「あーイマイチしまうまって気分になれないや…」ってな具合でして、始まる寸前になってもほとんどテンション上がらず。
ファンとして相当ダメだったなーと反省。(笑
ほぼマイクマイクと言っていましたすいません。AARから抜け出せていません。
そんなんだから、すっげ早い番号で会場に入れたにも関わらずグッズにも目もくれずなんとなくぼんやりしていて。
一応、前方のベン側をキープはしたけど。
シマウマさんに申し訳ないな~と思いつつも、やっぱり人生で1番楽しくて幸せなライブを経験してしまってからのシマウマじゃぁハッキリ言って盛り上がれんよ。(笑
仕方ない。許せ。

そんな中、OAのマキシマムザホルモンが登場。
おっさんはここで無駄な体力使わない宣言をしていたので、全くの無の状態で聴いてましたよ。微動だにせん。(笑
マキシマムザホルモンは知ってる曲なかったけど、なかなか激しいし興味はあったので見れてよかったとは思います。
ファンもすごく多かったしー。OAなのになかなかの盛り上がりだったしね!
姉御さんも面白かったし。
でも…好きにはならないなと。(笑
ほとんどシャウトなのがな~ちょっと…って感じ。CDだと違うのかしらん??
いや激しさはいいと思うけど。でも私の好みではなかった。カッコいいけど。
何よりファンのまごうことないタテノリ具合も怖かったんだもの!(笑
宗教か!みたいな。
でも「3度の飯より飯が好き」って合言葉(?)は大好きです(^^)
やたら言いたい。
あ、ここで注目したいのはNさんが"マキシマムザホルモン"と言えない事です。
彼女はどうしても"マキシムホルモン"と言います。若干おしい。


で、人減った?って気もしつつ(笑)いよいよzebraheadのご登場ー!
残念ながら出てきたシーン全く覚えてない。(笑
え~??ど、どうでてきたっけ??誰からでてきたっけ??
メンバーの記憶はないけど(えー)、Broacast to the worldから始まったのは覚えてる!
初っ端にコレがくるとは思ってなかったので。
というか、始まったらそれまでのローテンションが嘘のようにリミッターが外れて我を忘れてはしゃぎまくってしまいました…。(笑
やっぱねぇ。シマウマ最高!なんて思っちゃって。(単純)
奴らのライブは楽しい。
演奏がどんなにヒドくたって(笑)奴らなら許せてしまうから不思議。
あんなに笑顔が絶えないライブってやっぱりシマウマならではだよなと思う。

私的にBack to Normalが聴けて嬉しかったです(^^)
この歌大好きで大好きで(詞がすごくかわいいから!)、ぜひとも生で聴いてみたくて、でも春ではやらなかったしライブ映えするとも思えなかったらからないよな~と思ってて。
でもそれがやってくれたんですよぅ(><)
しかも曲の始めにみんなでハートを作ってさ。なんとも可愛い!アリったら!(笑
こんときの興奮といったらなかったわ~~。幸せだった。

MCでは相変わらず馬鹿ばっかりで。基本的にベンが。
「コウダクミトヤリタイ」だとか(ご自由にしてください笑)、「アナタハカワイイ」といって客をナンパしたり、演奏中はビールを吹き出すわよだれをたらすわ(たらすというか…吐く?笑)、あ~~もぅベン最高ー!!(えぇ~)
おっさんはアリファンだけどベンに釘付けだったよ。カワイイおっさんや♪
途中、ベンがオナニー(伏字にしろ笑)の話をし始めて。左手がどうのこうのって。
そしたらマッティがそれに乗っかっちゃって、俺もやったよとか言いながら1人でゲラゲラ笑ってたのが印象的でした。
マティ男よ…。(笑
あんな近くでマティ男見たの初めてだったけど、Nさんが好きになった理由がなんとなく分かった気がした。確かに奴はかわゆいよ。
でもな~~あのわざとカワイこぶってる感じがな~~イライラする!(笑
時間が経つにつれボリュームがなくなっていくマティ男のヘアーがおもろかった。
アリも相変わらず素敵すぎる肉体で、つか脱いだ瞬間のうちらの興奮といったらすごかったよね。(笑
汗まみれのアリに抱きつきたいと何度叫んだかわかりません。(変態)
エドもみんなのお父さんだったし、グレッグは怖ろしかったし。
はぁー。シマウマ最高ー!

セットリストはこんな感じ。合ってないと思われる。(笑
つか調べても正しいセットリストが分かりません…。なぜに。

1:Broacast to the world
2:In my Room
3:Falling Apart
4:Back to Normal
5:Jag off
6:Someday
7:Rescue me
8:Postcards From Hell
9:Get back
10:Hello Tomorrow
11:Rated "U" Ugly
12:Into You
13:Karma Flavored Whiskey
14:Wasted
15:Playmate of the Year

EN1:Alone
EN2:Anthem
EN3:The Set Up

やっぱりぷれいめいとといんとぅゆー、そしてあんせむが盛り上がったですね。
フーファック!
古い曲の盛り上がりはどっちかってゆーとイマイチな感じ。
かく言う私も前のボーカルさんのは聴いてない状態だったし~~。
なぜかこのライブ後にちゃんと聴きました。そしてハマりました。(笑

トータルで、演奏面はまぁいつもながらどんまいなシマウマ。
でもそれを補って余りある魅力が彼らにはあるのです(^^)
シマウマのライブ、プライスレスです!
そうです。
ライブ後に酒飲んで気持ち悪くなったことも、今となってはプライスレスです。(笑
もう2度とライブ後に酒は飲まない…!飲むもんか…!
昨日見たショーンオブザデッドがあまりに面白すぎて、特典映像やらコメンタリーやらずっと見ている次第でして、ゾンビまみれな日を過ごしていますどーも!
これグロいの苦手な人もぜひ見ることをおススメするなー。超おもろいから。
コメディセンス抜群なんですよ~(^^)
おっさんはコメディって大好きでいろいろ見るけど、これはかなりの大ヒットって感じですから。
あーどうしてコメディで主演はる人っておもろい人が多いのだろうか…。
この映画の主演の方も見た目かなり冴えないおっさんで、でもすげぇ面白い。
何が面白いって、コメンタリーでのしゃべりがおかしい。奇行が。
アダムたんとかウィルフェレルを彷彿とさせる空気を持っている。気がする。
イギリス人なのにな。(笑
つか銀河ヒッチハイクの関係者も出演してるという事実がおもろいんだけど!
そこんとこの人間関係が気になるわ~~(><)


さてー。
そんなわけで、おっさんが日本で公開されてなくて見たい映画をいくつか。
まずは「LITTLE MISS SUNSHINE」。
これはもうすぐ日本で公開されるようですね??年末か、な?
崩壊寸前の家族が美少女コンテスト優勝をめざす娘のために、おんぼろ車に乗って旅に出るというストーリー。
いわゆるロードムービーってやつですが、と言っても笑いの部分が多いらしいス。
クスクス笑いが散りばめられてるとか。そんなん大好きだよアタイー!
サンダンス映画祭で絶賛されたというのもポイント高いし、何より出演者におっさんの大好きな(大好きって言っちゃったよどうする笑)スティーブカレルが!
しかも自殺願望があるおっさん役だそう。そしてヒゲ面…うぷぷ最高ジャン。
とにこれっとも出てるし、かなり見たい映画です!つか絶対見に行くゾ!

りとるみすさんしゃいん
オリジナルのフライヤー。なんか可愛いくって好きです(^^)

お次は、「TALLADEGA NIGHTS:THE BALLAD OF RICKY BOBBY」。そうです。あいらぶ(笑)ウィルフェレルが出ておられる映画ですよ~w
彼はこの映画で初めて興行収入1位を獲得したそうです。
アメリカではあーんなに人気があるウィルなのに、なぜか今まで出演した映画ではことごとく1位を取れなかったとのこと。
今回ようやく悲願達成って感じでしょうね~。おめでとう!
これはナスカーとかいう車のスポーツを題材にした映画なんだけど、おっさんナスカーなんて全く知らないし…興味もないぶっちゃけ。(笑
だけど、この映画は絶対見たいな~って思う。
この映画を作ったのがおっさんの大好きな「俺たちニュースキャスター」のスタッフさん達で(いわゆる"ウィルフェレルファミリー"ですよ!笑)、彼らが作った映画がつまらないわけないですからね。
そこんとこものすごく信頼してるから。(笑
あーでも日本での公開はなさそうだなと…。
残念なことに日本でのウィルの知名度&人気は果てしなく低いので。なぜ!(涙

もいっちょー。
「ACCEPTED」というジャスティン・ロング主演の青春コメディー。
これはねー確実に日本公開はないと思われますが。(笑
おっさんジャスティンロングはかなり好きで。
なんだろー?
ジャスティンは顔はまったくタイプじゃないんだが(可愛いとは思う。つかニックに似てる笑)、気が弱そうなんだけど見ててあんまりかわそうに思えないとこがいいですよね。(笑
そんな彼ってば初主演なんでないの?と思うのですけども。違うのかな?
ここでも相変わらずヘタレっぷりがでてそうなんで楽しみです♪
DVDでいいからなるたけ早くでてほしいーーー(><)
それすらなしってのはやめて下さいネ。(笑


うーむ。
やっぱり好みとしてコメディばかり選んでしまう自分…。
お気楽なの大好きだから仕方ないッス。(笑
とりあえずこの3つは公開(もしくはDVD発売笑)待ちするとして、今やってるのではXめんとまいあみばいすを早く見たいかなー。
あと来週からやるclickも!アダムたーん!
てか「もしも昨日が選べたら」って…やっぱことごとく邦題ってだせぇよ。(笑

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。