上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エミリーローズ

あらすじ↓

19歳の女子大生エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)が怪死した。
彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父(トム・ウィルキンソン)は、死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。
そんな中、有能な女性弁護士エリン・ブルナー(ローラ・リニー)は、教会の依頼でムーア神父の弁護を担当することになるが…。

いやぁ目が離せない映画っつーのはこゆことを言うのですね!
予備知識がなかったせいもあるのでしょうが、冒頭から引き込まれる展開で見てて飽きませんでした(^^)

ストーリーがねぇ。これが実話なんだから驚きというかマジかよーてな感じで。
つかこれホラーはホラーだけど法廷モノでもあるとゆー、公開当時"超自然ホラーと法廷サスペンスを合体"と言われていたのもまさしく頷けるなぁと。
上手い具合に共存していましたよね~v
私は裁判モノって見ててイライラするタイプなのですが(基本的に裁判のややこしさやら意義に疑問を持っている人間だから笑)、もっそいイライラさせてくれたので、裁判モノとして成功と言えるでしょう。(何様)
ホラーの部分も、悪魔自体を見せないで雰囲気で怖がらせるってのが安っぽくならないですんでこれまた成功ですね!
じわじわ~って怖かった。夜中に1人で見てたからなおのこと怖かった。(笑

あとは役者さんが皆さん素晴らしかったと思います。
1人1人がいい演技してるなって感じで。
特に私はローラリニーがよかったなと思いました。
彼女は美人じゃないけど(失礼)繊細な演技がとてもお上手ですなぁー。
エミリー役の子は…体ビキバキだしすごい形相だし、いやホント怖かったです。(笑

まぁ逆に言っちゃうと。
ホラーそのものとしても法廷モノとしても、どっちつかずで物足りないかもしれないですが。
でもホントこの2つが上手に合わせってて、1度に2度美味しいっつーか一石二鳥(微妙に違う)ってゆーか、とにかく面白いのでおススメですv
でも夜中の3時が怖くなるけどな!絶対3時に起きたくない。(笑
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。