上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぞるたーん
あらすじ↓

ジェシー(アシュトン・カッチャー)とチェスター(ショーン・W・スコット)は、ある朝目覚めると前夜のことが全く思い出せない。
しかし、ガールフレンド達はかんかんに怒っている。
2人は事態を丸く収めるべくガールフレンド達の元へ。が、車がない!
昨夜の記憶を辿りつつ2人は車探しに出かけるが、行く先々でおかしな出来事ばかり起こって―。一体車はどこへ行ったんだ!?

言うまでもなくお馬鹿映画です。たまらん!
アシュトンが若いですね~(^^)おかっぱヘアーがキャワゆす。
そしてショーンは…ごめんアシュトンと一緒だとだいぶかすんで見えるや。(笑
なんだかんだやはりアシュトンってカッコいいのね~と改めて実感したですヨ。
顔もいいし背も高いし。若干馬鹿っぽいけれども。

いっやーそんなアシュトン、ハッスルしてますねぇ!!(笑
いまよりだいぶ細くね?そして相変わらずパンツ1丁になってるし。
彼の、アイドルなのに裸で笑いを取るとゆー芸風(芸風?)はこの頃から培われていたんですね。さすがですね。(感心するところじゃない)
ショーンも憎めない天然系馬鹿を演じててますます好きになりました~(^^)
これから出演作チェックしよっと。
でもショーンは金髪より黒髪のほうが似合うと思う。(どうでもいい)

原題は"Dude, Where's My Car"。そのまんまですな。(笑
ホントにその名の通り、馬鹿な2人がひたすら車を追い求めるだけなのでストーリーはないに等しい。
ただアシュトンとショーンのおもろい絡みを楽しむためだけの映画ですから。
「Where's my car?」「Where's your car?」と言い合ったり、「Dude!」「Sweet!」と言い合ったり…何その不毛な会話は。
ずっとこんな調子で無駄な会話してます。完璧馬鹿です。(最大級の褒め言葉)

なぜか宇宙人が出てきて微妙にSFちっくだったり、ダチョウやらチンパンジーやらディスカバリーチャンネルネタ(キターーーー!)が多いのもポイント高しですね!
私的にツボだったのは冒頭のピザをぶん投げるシーンかな。
ワタクシ大爆笑でした。一体どこに投げてるんだー!(爆笑
あとは、プチプチスーツだとかアシュトンとショーンのキスシーンとか。
ショーンが隣の人のプチプチを押して嫌がられるのが最高に面白かった!
あぁ、2人が日本語しゃべってるのもヘタクソで笑えました。

まぁとにかく。
好きな2人が主演のせいか、めっさ面白かったです~(><)DVD欲しい!
人はそれを贔屓と呼びます。(笑
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。