上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パニックフライト

あらすじ↓

一流ホテルのマネージャーであるリサ(レイチェル・マクアダムス)は、勤務地マイアミへ向かう空港で好青年リップナー(キリアン・マーフィー)と出会う。
偶然、同じ飛行機で隣席だった2人。しかしそれは彼が仕組んだ罠だった。
テロリストの一員であるリップナーは、リサの勤めるホテルに宿泊する標的の暗殺のため、リサの父親を人質に取り、暗殺に協力するよう脅迫してくる―。

評判いいだけあってカナリ面白かったです(^^)
85分くらいしかないってゆーのも、長い映画が嫌いなおっさんにとってはよかったのかも知れませんワ。(笑
パニックフライトとゆーだっさい邦題は無視して(原題は"RED EYE"と言って"夜間飛行便"という意味があるそうです)、ぜひ興味がある方はご覧下さいませv

さっきも言った通り時間が短いので展開はサクサクっと進みます。
テンポがいいので冒頭部分から惹きこまれました。
最初はまるで恋愛映画かという雰囲気なのに、それが一転してサスペンスに変わるのが面白かったです~。
いい人だと思ってたのに…世の中どうなるか分かりませんね!怖い!(笑

飛行機が飛び立ってからは"空の上の密室"になり、2人の攻防が続くわけですが。
いやぁハラハラしました。
だって完全にヒロインの立場のが弱いんですものー(><)
どう反撃に出るのか気になって気になって。
結果、もっそい攻撃して驚いたけど。(笑
ペンで首を刺すてアンタ…怖えぇぇぇぇぇぇ!恐ろしいヒロインです。

私が1番ドキッとしたのは飛行機のトイレのシーンかなぁ。
いい手考えたねぇって思ったのに。バレちゃっておよよ。
後は後半の2人のバトルですかね。見てて楽しかった。
飛行機の中にしてもその後の家での戦いにしても、王道と言うか予想を裏切らないドキドキ感ってゆーんですか?(笑)そゆのがあってよかったと思いますv

まぁオイオイって思う所も多いんですが。
あんなに客がいる飛行機であんな不自然な会話してたら誰かが気付くはずだし、何より頭突きはすごい目立つと思うし。(笑
てゆーかホントあの頭突きには驚いた。
頭突きて。今時頭突きてそうそう見ないですよ。
それを飛行機でやっちゃってるからね!アリエネ。

というように、けっこう力技な展開だったりするにも関わらずこんなに面白いのは、主演の2人のなせる業だと思います!
レイチェルマクアダムスはただ泣くだけじゃない強い女性を演じていて好感度が大アップしました。彼女いいねっ♪
おっさん、オロオロして泣き喚くだけのヒロインって大嫌いなんで。
彼女ぐらいおらーーー!!って感じのがいい。(笑
キリアンを杖?みたいのでぶっ叩こうとする姿にはスカッといたしました。
あそこでもっと「死ねぇぇぇぇぇぇ!」とか暴言吐いて欲しかったけども。←新進気鋭の女優はそんなこと言いません。とゆーか言えません。
そしてキリアン。
いやぁ~今回のキリアンは気持ち悪かったスな相当!(褒め言葉)
好きな役者にはやっぱり悪役はやってもらいたくないが、キリアンはこーゆー追い詰めるネチネチ系がなんか妙に似合ってるからいいかもしれない。(笑
あえて言うなら、特に深みのない犯人だったことが残念かなと。
キリアンはもっとギリギリの繊細な演技が出来る人だと思うから。それがあったらもっと味が出たのになぁ。
ま、でも十分怖くて気持ち悪い役だったからいいけど。(褒め言葉ですから)

とにかく久しぶりに最初から最後まで面白い映画を見たって感じです(^^)
セルラー以来のドキドキ感を味わえました!満足~!
スポンサーサイト
MCS

最近と思われるMCSの皆さん。
相変わらず服のセンスがありません。
じゃすちんはいつものように重力に逆らった髪型ですが、ヒゲがないっすね!
心の底から大好きなMCS…今年のフジロックに出演です。
行く方は要チェキです。私は行かないので見れないのですがー。
きっと見たら私は死ぬのでフジで正解だった気もしてます
言い訳ではないヨ。(笑

特に好きなバンドじゃなくても解散って悲しいな、と思った。
ついさっき知ったんですが、Larrikin LoveとTCTCが解散だそうで…。
Larrikin Loveは気になってた矢先の解散で驚きです。
てかフジロック来るはずだったのでは??キャンセルが濃厚みたいですけども。
そしてTCTC。
私好みではないんだがそれでもカッコいいなーって思ってて。
いろいろ問題を乗り越えてきたバンドだけに解散には本当にビックリしました。
私は、自分自身が音楽をやる人間ではないので、「バンド」の難しさがよく分からない。理解できないのです。
TCTCの場合、前に1人辞めたときも友好的脱退だったと言うし、今回の解散でもメンバー同士は前と変わらずいい関係だそうだ。
それなのに「バンド」を続けられないのはどうしてなんだろう?
ただ音楽をやるだけなのに。
とにかくなんか妙にヘコみました。すげぇ落ち込んだ。
解散がショックで落ち込んでるファンの反応を見て落ち込んだよ。(笑
行ってまいりましたグッシャー様(^^)
感想は、もう2度と行かない!です。(笑
いやぁ悪くはなかったんだがね…ぐっしゃ自体は。
ファンが相当すごくて、エルレファンを彷彿とさせるすごさでした。
黄色い歓声がすごかったデス。
かなりうるさかったわ~耳障りだった。(毒舌)
あそこまでアイドルだとは。どうでもいいけど別に。
そんなわけでセットリストから。

1.Misery
2.The Anthem
3.Walk Away
4.Keep Your Hands Off My Girl
5.Girls&Boys
6.Victims of Love
7.Predictable
8.Festival song
9.Hold On
10.March on
11.Dance Floor Anthem
12.The Young and The Hopeless
13.I just wanna live

【EN】
1.All Black
2.the river
3.Lifestyles of the Rich and Famous

グッシャは某バンドのように(笑)ぐだぐだって聞いていたので期待してなかったのがよかったのか、まぁけっこう良かったと思います。聴けた。
だんだんジョエルの声が出なくなってたけど、まぁご愛嬌ってことで。
それよか途中ドラムとベースしか聴こえなかった場面が多々あって、ベンジーとビリーは弾いてない!ってゆー。
今まで私の中でベースの地位って低かったんですが、今日で考えが変わりました。ポール…可哀相な扱いだったけど君がいないとぐっしゃは成り立たないって分かったぜよ!(笑

Predictableは好きなので聴けて嬉しかったです(^^)
あとは~アンコールの3曲がやっぱりすごい盛り上がって楽しかったなぁ。
特にriverからlifestyleの流れが最高でした~~~♪
気になってたシニスターのギターソロは聴こえてきたので誰かが弾いていたのでしょうけど、結局ベンジーなんだかビリーなんだか分からなかったのが残念です。
よく見えなかったのよねっ(><)
やっぱりぐっしゃは古い曲のほうがいいな~~~v
と言うか4thの曲はジョエルがあんまり歌えてないんですもの。
古い曲聴くと、あれ?歌うまいかも??って思うんだけど、最近の聴くとおよよーーー??みたいな。なぜだろう不思議。

MCは日本語をちりばめてマデン兄弟がぺらぺらしゃべってました。
その間もすごい歓声でほぼ何言ってるか聞こえませんでしたけども。
サマソニにはホントにやってくるようです。あ、そう。
ビリーは時々見えるぐらいだったけど、やっぱり素敵でした~~~~~~♪
可愛い。ホント可愛い。一家に1人欲しい。←?

いやぁ。
ホントにファンがすごくて驚いてしまって、郷に入っては郷に従えと言いますが従えなかったワタシ達は相当浮いていたと思います。(笑
グッシャー様はもうこれでいいです。お腹一杯です。

あ、そういえば。
二コールリッチーが来てました。
隣にいたのはベンジーの彼女だったスかね?よく見えなかったんですが。
つかあの兄弟、彼女を連れて来すぎでしょ。
そしてついてくる彼女達もどんだけ暇なんだよってゆー話。(笑
日本を気に入ってくださるのは何よりですがね…。
二コールを見て「アヴリルラヴィーン!!??」って叫んでる人がいて、おいおい勘違いにもほどがあるだろうと思わずツッコみました。心の中で。
それはないわ~。金髪なだけじゃん!

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。