上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲスフー

あらすじ↓

サイモン(シュトン・カッチャー)は大きな気がかりを抱えていた。
ガールフレンド、テレサ(ゾーイ・サルダナ)の両親に婚約の挨拶をすることにした矢先、理不尽な上司によってクビを言い渡されてしまったのだ。
無職の男が結婚を許してもらえるはずはなく、幸せそうなテレサの顔を見ているとそのことだけは秘密にしなければならなかった。
そしてもうひとつ。
テレサは黒人で、サイモンは白人―2人の愛は人種の壁を越えているが果たして彼女の両親は…?


同じ系統の「ミートザペアレンツ」は全く笑えなかった自分なので少々不安もありましたが、アシュトンがイケメンのおかげかあまり可哀相な気持ちにならず(笑)無事見ることが出来ました(^^)
でも…期待してたほど面白くはなかったです。
だってほとんどミート~と同じ感じなんだもんー(><)
こっちは『人種』を扱ってるからミート~より中身があってもいいようなもんなのほぼないし、だからと言ってミート~よりも笑いもくだらなさもないという。
中途半端な2番煎じ感は否めませんでした。

この作品はリメイクだそうですけども、原作もこんななんでしょかね??
そうだとしたら微妙…。
古い作品の時のほうが今より『人種』の問題も大きかっただろうし、こんなライトな感じに描いてないんじゃないかなという気はしますね。
まぁ見てないからなんとも言えませんけどね。

基本はコメディなのですがこの作品ね。
アシュトンにしては抑え目なくだらなさだったよねとも思います。
もちっとハッチャケて欲しかったなぁ!
冒頭のエレベーターはさすがに大笑いだったけど~。(笑
あと、やっぱり誤解が誤解を生んで大騒ぎってのは定番なんでしょうけども見ててイライラしてしまうんですよねぇ。
これを言ったらお終いかしら?(笑
特にこれは辞職の理由を引っ張りすぎで腹が立つ!


はぁ。
アシュトンよ…せっかく力を発揮できるコメディだったというに。
なぜよりによってこの映画を選んでしまったんだ!?(笑
しかもバタフライ~後の出演作に!!
うーむ。
バタフライ~が俺コメディだけじゃないんだぜってな具合で上手くいっただけに、もう笑えるただのコメディには出たくなかったのかな??
うむむむむ(><)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。