上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらすじ↓

天才指揮者のダニエル・ダレウスは心身共に疲れ果て現役を退いた挙げ句、田舎の小さな村に移り住む。
そこはかつて少年時代を過ごした場所だった。
静かな余生を送るつもりが、是非にと請われて村の聖歌隊を指導をすることに。
眩しいほどの生命力に溢れたレナや、夫の暴力に耐えながらも美しい歌声を聞かせるガブリエルらメンバーたちを知るに連れて、ダニエルは改めて自分のつくりたい音楽を目指すようになる。

スウェーデンの映画だそうで。私ってば初めてスウェーデンの映画を見ました。
というかスウェーデンがどこにあるのかも分かりません。無知です。

とにかく、なかなか評判がよろしいらしい作品。
ですが私はとてもじゃないけど好きになれないしいい映画だとが思えない。
全然面白いと感じなかったですね。私はね。

とりあえず主人公がすごいダメ男だと思うんですけど。(笑
まぁーでも憎めない感じでしたが。
可愛らしいおっさんでさ。チャリの練習したりしてさ。
芸術家は変わってるなぁとつくづく思いました。

でもねぇ。
やはしおっさんは結末がどうにも好きになれなくてダメですわー。
受け付けないの(><)
主人公のおっちゃんにはちゃんと指揮をとって、その場で皆がひとつになる瞬間を味わってほしかったなぁって思うのです。
だって…声出しで心がひとつ!っておかしいよ突然じゃん。(笑
その時のために頑張ってきたのに…結局おっちゃんが手に入れたものってなんなんだろう?と思ってしまうのよね。
おっちゃんが住民に与えたものも結局は何だったのかってさー。

うむむ…!
ダメです。どうあがいても好きになれそうにありませんこの映画。(笑
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。