上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は感想4つを一気にいきまっす!

①「もしも昨日が選べたら」
いつものアダムたん映画よりはギャグが少なめ。
ドラマ部分が多かったので、はっちゃけたアダムたんを期待していたファンの方はガッカリされたでしょうか!?
そんなおっさんも実はちょっと笑い的には物足りなかったんだけれども、まぁ相変わらずしゃべりかたはおかしいし、要所要所でポイントおさえたギャグもやってくれたからいいとします(^^)←何様?
あのセクハラ講義でスペイン語?になるのは最高におもろかったー!!
あれ一体なんて言っていたのでしょうか??気になるー。(笑

不覚にも最後のほうは泣きました。(マジでか)
奥さんにあの思い出のセリフが書いてある紙を渡すシーンがやばかった…!
アダムたんのくせに泣かせるじゃないかチックショウ!好きダ!(え)
全体的に心温まる感じで面白かったです♪
とにもかくにもサム(違)の水着姿は必見です。気持ち悪くなること必死!(笑

②「父親たちの星条旗」
2時間ちょっとと長かったけれど、長いと感じさせない素晴らしい映画でした。
まぁ文句も多々ありますが。(笑

まず登場人物が多すぎる。ま、これは仕方ないけど~。
その上、メイン3人以外が予想以上に掘り下げられておらずガッカリ。
ポールウォーカーなんて何のために出てきたんだ。(笑
ただでさえ顔が薄い俳優ばかりなのに(ヒドイ)、戦争シーンでは泥にまみれているため顔が見えず、名前共々こんがらがって誰が誰なんだか分からなくなるし。
なにより大事な部分に触れないことばかりで。
イギーの死に様はパンフ読まないと分からないのでは?と思うのだが。
単におっさんが鈍いだけ?(可能性高い)

結論が親子愛になっていたのが、正直猛烈に不満な部分です。
親子愛感じさせるシーンなんて微塵もなかったのにエンディング間際で突如「いい父親じゃなかった」発言ですよ!と、突然ー!?
それよか、普通にイギーに対する負い目を前面に出せばよかったのになぁと。
イギーのママさんに話をしに行くシーンこそちゃんとやるべきだったのにと思います。
そこをナレーションで流してしまうなんて…!あそこが1番見たかった…!

キャストは皆さんイケメンばかりで素敵な目の保養になりました(^^)ムフv
ライアンフィリップはえっらく童顔ですな!
ほぼセリフがなくて可哀相だったけれど(笑)、寡黙な男はカッコいいし、戦場で涙するシーンなんかは葛藤が伝わってきてとても感動しました。

戦闘シーンはすごくて、かなり派手だし目を背けたくなるところもあって。
戦争のお話だし、どうしようもなく重いけれど、でも見終った後は意外に爽やか。
…というかじんわりくる切なさだったですね。
「人間だもの」と言いたくなった。(なんだそれ)
ぜひも1度見たいな~~。

③「ウエディング・クラッシャーズ」
大好きヴィンス&オーウェンが共演ってことで、かなーり見たかったコチラ。
それなのに日本では未公開って。なんでやねん。
ま、とにかく念願かなってようやく見たわけですが。

正直、期待しすぎていたせいかそんなに面白いとは感じませんでした。(おい)
いやいやーそれなりには面白いんだけどさ。
なんデショ?
結婚式に潜り込んではっちゃけるっつー設定はなかなか面白かったし、ヴィンスの見事なクレイジーマン(笑)演技も面白かった。
しかし!
そこしか面白くないんですよね~(><)
ヴィンスのアクの強さのせいか、全くオーウェンが目立ってねぇし。(笑
オーウェンのキャラがいまいち確立されてなかったのが微妙な要因ではと。
やられ役なんだけどそれが中途半端なんだもん。
もっとこう…ベンスティラーのようにどうしようもなくやれらまくってパニックになってもらいたかったわ~!(ドS的希望)

そのぶん、まぁ~~ヴィンスは面白いですな♪
食事中に股間をしごかれる&ホモに迫られるて…。
あえいでるヴィンスは放送事故に成りかねないと思います。(笑

とにかく。
そんなつまらなくもないですがそんな急激に面白い映画でもありません。
ん~~~コメディ好きとしては特に印象に残らないなぁという感じ。
ヴィンスの早口おもろ演技を堪能したかったらぜひご覧あれ~ですね!(笑
レイチェルマクアダムス(言いづらい)も可愛いッスよ!!
あ、そうそう。
ウィルフェレルもちょこっと出演してるので、そこにもご注目あれv(笑

④「M:i-Ⅲ ミッション:インポッシブル3」
トムクルーズ嫌いなので全く興味がありません。なのに見たとゆー。(笑
いや~お金かかってますねぇ。いちいち派手ー。
奴らスパイのくせに目立ちすぎるよ!ってことばかりやってます。
とりあえず爆破するのはやめたほうがいい。
変装も中途半端でそりゃないぜと思いました。
あ、でもフィリップの顔マスク?作っての変装はすごかったなー(^^)
その技術がすごいと思った。出張先でそんなことまで出来るんだねって。(笑
そのくせ電気ショックの充電は忘れるのかよ!とツッコまずにはいられません。
お前らそれでエリートスパイのつもりかァァァァァァァ!

でもなかなか展開が読めず(自分があほなだけという噂もありますが笑)、けっこうハラハラしたし楽しめました~(^^)
トムクルーズじゃなかったらもっとよかったのにな。(笑
冒頭の拷問?シーンでは、ジュリアは殺されないと予想してたのに外れてショック。
厳密に言えばジュリアが殺されたんじゃなかったけどー。
あと黒幕もずっと局長だと思ってたし。あ、馬鹿ですか私?(笑
マスグレイブ(この役者さんぺにーれいんに出てるそうが全く記憶にない。もももももしやイケメンボーカルさん!?)もいい人だと思ってたし。
死なないで!って心配してあげてたのに~(><)損した。(笑
ことごとく予想が外れた映画でしたヨ。

ジョナサンも出てたし(チョイ役だけど笑)、マギーQは綺麗だし(アジアンビューティー!)、サイモンも相変わらず可愛いおっさんだったし。
サイモンには超癒されました。場が和むワー。
そういや、ジュリアの弟さんがカッコよくて気になったのですけども!
めちゃめちゃ気になったのですけども!!(笑
彼はなんてゆー俳優さんなのかしらん?気になるゼィ。
絶対売れると思う~。
だってちょっとしか出てないのにあの存在感だもの。(単にイケメン)

結局ラビットフットってなんやねんという疑問は残ったままですが(1番大事なトコだけどいいのか)、とりあえずなかなか面白かったので劇場で見てもよかったかなーと思いますv
トムクルーズじゃなきゃ見に行ったのに…!(しつこい)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。