上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらすじ↓

家電量販店で働くアンディ(スティーブ・カレル)は、平凡だが充実した日々を送っていた。
ある晩、ポーカーの最中に同僚のデビッド(ポール・ラッド)らに自分が40歳で童貞だとバレてしまい、翌日から彼の"ロスト・ヴァージン大作戦"が始まる。
そんな時、向かいの店で働くトリシュ(キャサリン・キーナー)と出会い…。

んーむむむむ。
期待しすぎたのかだいぶつまらなかったです。楽しみにしてたのに残念!
まず時間が長い。130分はやりすぎでしょう。
大抵こーゆーコメディってのは90分がいいとこじゃないですか。
それなのに2時間。大作レベルですよ。(笑
脱童貞するのはマジ最後の一瞬だし、どっちかーってゆーと童貞を告白するまでのプロセスに重点が置かれているのですが、まぁそれはいいとして。
でもそれがめちゃくちゃ長い!だーいぶ引っ張るわけですヨ!
随所のネタは面白いのに、多すぎて逆に飽きてしまうと言うか。
もーいいから早く童貞って言っちゃえよみたいな。(笑←元も子もない
やっぱり2時間もあると間延びしてしまうんですなぁ(><)

散々引っ張ってカミングアウトしたのに、すぐ受け入れられちゃうのも微妙デシタ。
え~そんだけ!?リアクション薄!!
もっそい物分りがいい彼女さんですよね。(笑
子供3人もいる女の相手が童貞なんですよ?ビックリしねぇのかよと。
もうちょっと、カミングアウトを受けての彼女さんの葛藤とかあったほうが面白かったと思います。
家族と揉めるとかさ、そーゆーのも一切ないしさ。
てゆっか。
とにかくカミングアウトするまでが長すぎるんだよなぁ。結局それが悪い。
40歳で童貞って設定は面白いんだから、もっとテンポよくして勢いを持たせるべきだと感じました。

スティーブカレルはおもろいけどね~。胸毛処理が最高でした。
でもでも、スティーブカレルにはこーゆー普通の人よか変態をやって欲しいカナ。
変態がお似合いですよ彼には。(褒めてます)
そして大好きポールラッド!!
いまいち普通な役っだったのが残念です。いやストーカーだから普通じゃないか。
セスローゲンとどっちがゲイか言い合うのは楽しかった~(^^)
はっきり言ってポールのがゲイっぽいゾ。(笑

題材は十分面白いんだけどねぇ。
無駄に長いって感じで、コメディ好きの私としてはワーストに入るぐらい微妙でしたハイ。期待しすぎはダメってことだな…。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。