上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグフィッシュ

あらすじ↓

エドワード(アルバート・フィニー)は彼が語るお伽話で有名になった人物。未来を予見する魔女のこと、一緒に旅をした巨人のこと、人を襲う森とその先にある美しい町のこと。
彼が語る「人生のストーリー」に誰もが楽しく、幸せな気分になった。
しかし、一人息子のウィル(ビリー・クラダップ)はそんな父の話が嫌いだった。
長い間すれ違う父と子。
そんなある日患っていたエドワードの容態が悪化し、実家に戻ったウィルに、残された時間があとわずかだと告げられる―。


DVD持ってる割りに初めて見たとゆー。そして既に全然記憶にありません。(爆)
あまり面白くなかったです。
いやユアンファンとしてはキャラも可愛いしたくさん出てておいしいのですが(笑)、全体的にイマイチだったなーーー。
ちょっとファンタジー過ぎて感動しきれん!って感じ。
私は特にティムバートン映画が好きではないから、それもつまんなかった要因かと。

だもんで、本当に印象に残ってる場面てほとんどなくて。
巨人さんと仲良しだったなーとかそんなんしかない。(笑
あぁ!
DVDのパッケージにもなってる、ユアンが奥さんのために水仙(でしたよね?)をたくさん用意してプロポーズする所はすんごく素敵で可愛かったです(^^)
あんなことされてぇぇぇぇぇぇぇ!!特にユアンに!(馬鹿)
あとは、パパさんとママさんが抱き合って湯船?につかるシーンはなかなか感動でしたね。いい夫婦!

マジでこんなもんしか覚えていません。
ちょっとティムバートンの世界についていけませんでしたワタクシは(><)
ユアンが出てなかったら見てなかったよ確実に。(笑
映像は幻想的でとってもキレイなので、ほわんほわんしたい人にはおススメです♪
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。