上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キンキーブーツ

あらすじ↓

父親の突然の死により、倒産寸前の靴工場を相続した優柔不断な青年チャーリー(ジョエル・エドガートン)。
工場の起死回生に頭を悩ませる彼は、偶然出会ったドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)からインスピレーションを得て、ドラッグクイーン用のセクシーなブーツを新商品として開発しようと思いつく。

心温まるとてもいい映画でした~(^^)
考えてみれば、私はドラッグクイーンものって好きなのかも知れません。
見終わると元気になれるんですよねぇウフフ。頑張るゾ!みたいな。
もちろんキンキーブーツからも素敵なエネルギーいただきました。(笑

キンキーブーツとは、直訳すると"変態ブーツ"(笑)ですけども、実際はエナメルピンヒールの女王様ブーツのことを指します。
ある意味ダジャレ的なタイトルってことでしょうか?やるねぇ。(誰)
ストーリーは、田舎の老舗紳士靴工場が倒産の危機に陥り、すったもんだしながらドラッグクイーン向けのブーツを作るというもの。
事実に基づくお話らしく、脚色されているにしろそう言われると、こんなドラマチックなことが現実にも起きるんだぁキャピ☆なーんて気持ちになってしまいますね。(笑

この映画の最大の魅力はキャラクターにあると思います。
どのキャラもいい味だしてたよなぁ。
なんつーかどのキャラもほのぼのしてると言いますか。
工場の職人達なんて出番そんなないのに、とっても魅力的に見えました(^^)
てことは俳優陣がよかったってことなのでしょうかね~。
ジョエルエドガードンは、気弱なんだけどなーんかつい応援したくなる主人公を好演してて、マイクにスイッチ入ってないとか挨拶して逃げ去るとか、妙に可愛らしかったです。おっさんなのに。
てか彼がスターウォーズに出ていたなんて全く記憶にありませんがマジで?(笑
ローレン役のサラジェーンポッツも全然美人じゃないのに(コラ)不思議と可愛く見えたし~。
無事チャーリーとくっついてくれてよかったわぁ♪
ドン役はまさかのニックフロスト~!←ショーンオブザデッドのエドです笑
この人が真面目に仕事してるのが面白すぎるぜv
あと何といってもローラ役のキウェテルイジョフォーですよっ!
めっちゃ素晴らしかったですなぁぁぁぁぁぁぁぁ(><)
今まで見たドッラグクイーンの中で1番ゴッツかったけども(笑)、不思議と似合っててチャーミングに見えた。不思議やなホント。
前向きで、強さと弱さを持ち合わせたローラ役にぴったりハマってました!
歌もうまかったですよね~♪迫力あったデスよー。

結末は分かりきってるし途中ハラハラするところも全くないけど、見てて笑顔がこぼれてしまう、そんな素敵な映画です(^^)
心が寒い方はこれを見て温まってくださいまし。(笑
スポンサーサイト

Comment

はじめまして。
サクラナミンと申します。
TB&コメントさせていただきました。

この作品、密かに人気だと聞きつけ
先日ようやくレンタル、鑑賞しましたが
とっても楽しめました。
本当に心が温まる内容で大好きです。

ではまた覗かせていただきますね★
こんばんはー!
サクラナミンさん、はじめまして!
コメント&TBどうもありがとうございます(^^)

私も密かに人気だってゆーんで気になってて見たんですよ~。笑
期待通りいい映画でしたよねぇぇぇぇ♪
ホント心が温まる感じで、ほんわかなりましたv

ぜひぜひまたいらしてくださいませ~!
サクラナミンさんのブログにも後ほど遊びに行かせていただきますねっ。
それでは失礼します。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
エピソード2『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃|クローンの攻撃』ではジオノーシアンが持っていたデス・スターのホログラムをドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)がダース・シディアスに届けるシーンがあり、ジオノーシアンが設計に関わっていたことが分かる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。