上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホステル
あらすじ↓

アメリカ人大学生のジョッシュ(デレク・リチャードソン)とパクストン(ジェイ・ヘルナンデス)は、バックパックを背負ってヨーロッパを旅していた。
スロバキアのブラティスラバには男が求める快楽を満たしてくれる夢のようなホステルがあると聞いた彼らは、早速途中で仲間になったオリー(エイゾール・グジョンソン)とホステルのある町に向かうが…。

友人Nさんが見ろ見ろとやたら薦めてくるので見ました。
そして後悔しました。
グロいの苦手なこの私によくもこんなんすすめてきやがったなァァァァァァ!
途中、なんで自分こんなの我慢して見てるんだろうと泣きそうでした。
もう!ホントNさんを恨みます!(笑

予想してたのより全部が痛くて無理だった…。
そーゆーシーンは大抵目をつぶってましたが(意味なし)、それでも悲鳴が聞こえてくるのが恐ろしくって~~~痛い痛い(><)
私も一緒になってギャーギャー叫んでしまいました。
近所迷惑甚だしいですね。

1番辛かったのはジョッシュの拷問シーンですかねぇ。
つか私は彼が主人公だと思っていたのでこんな早く死んでしまって驚きました。
お前主役じゃねーのかよ!
あぁーーーアキレス腱んとこは思い出しただけでも痛いわ~~(><)
見ないようにしてたのにナゼかそこだけ見てしまったのよねぇ。油断した。(笑

まぁストーリー自体はなかなか面白かったですけども。
泊まった客がどんどんいなくなるっつーのは不気味だったし、捕まってから逃げるのもハラハラしたしな。
逃げるシーンはハラハラしすぎて思わず早送りしちゃったからね!(意味なし2)
主人公の兄ちゃんが無事に逃げ切れたので良かったッスv
この兄ちゃんは2でも出てくるらしいし、さらにあの拷問組織の謎も解けるようなので、ちょっと2見たい気持ちもあったりして。
でもこれ以上痛いの見たくないしな~~どうしよ。

私的にスロバキアとホステルから苦情来なかったのかなーと気になった。
だってイメージ悪いし。
なんたって殺人斡旋所ですよ!
特にスロバキアってこんな怖い国なんだ~って思っちゃうよ見た人。
でもこれってタイに実際ある殺人斡旋所からインスパイアされて出来た映画だそうですね。マジかよ怖すぎるよタイ…!

こゆ映画得意な方的にはもっとグロくてもよかったんじゃないかとか言われているようですが、私的には十分でした。これ以上はマジ無理です!!
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。