上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レモニースニケットの世にも不幸せな物語

あーもぅホントに見てから時が経ちすぎて記憶にほとんどありません。それで感想書こうなんて無謀だな。(笑
まぁなんとなくでお送りします!いつもより短めで!

あらすじ↓

両親を火事で亡くした裕福な家のヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)・クラウス(リアム・エイケン)・サニー(カラ&シェルビー・ホフマン)ら3姉妹弟は、遠縁のオラフ伯爵(ジム・キャリー)に引き取られることに。
しかし伯爵の狙いが両親の遺産だと知ったヴァイオレットたちはそこから逃走。
伯爵はその後も3人の後を追いかけ続けて…。

ジムキャリーそれでいいんですかって言うぐらい悪役でしたね。
私は悪役やってる彼は見たことがなかったので(ジムキャリー出演作と言えばコメディしか見たことない)、絶対最後にはいい人になるんだろーなぁとか思いつつ見てたんですが、全くもって悪役でねぇ驚いちゃったよ。(笑
超嫌な奴でしたね。あはは。

いっやーホントに。
「不幸せな物語」で笑うに笑えないぜぇ!みたいな。メリルストリープもおいしい役どころだったけど、それすらイライラしたぜぇ!みたいな。(笑
ストーリーは冷静に考えればなかなか面白かったかもしれないけど、そんなことよりも不快感のが高くって。
もっと下等な争いが繰り広げられると思っていたので(嫌な養父に反抗して落とし穴にはめるとか食事にからし混ぜるとか、そんなん想像してた笑)、予想外に気分を害されましたね~。
途中で見るのやめようかと思ってしまいましたもん。
でも最後にはオラフ伯爵いい人になるのかなとか思ってたし(とんだ勘違い)、なにより不幸な3人トリオがかわいくって~なんとか持ちこたえたのですよ(><)
特に長女のヴァイオレットがね!この子めっちゃかわいいス!
おっさんはこーゆー子供がでる映画だと少年にばっか目が言っちゃうんだけど(危ない笑)、でもレモニーでは断然ヴァイオレットに夢中(^^)
色白できゃんわいい~~~~♪♪
あ、やっぱり少年もいいんですけどねエヘへ。でもなーんか物足りない顔してますよねエヘへ。(さりげない毒づき)


どうやら続編やるらしいですが、見たいような見たくないような…複雑です。
いつか幸せになってくれるという保障があるなら見てもいいけどこの調子だと微妙だもんよ。(苦笑
う、むむ。
こんな嫌な役やってジムキャリーの好感度は下がらないのだろうか??超疑問。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。